年齢の違いは?

MENU

年齢の違いは?

更年期障害というひとえに言っても、その症状にはさまざまなランクがあります。また、今の自分が更年期のどの時期にいるかを通じて、発症する症状にも違いが生じてきます。今の自分が更年期のどの時期にいるかを客観的に見識し、今の自分にはどのような更年期障害の症状が発症する可能性があるのかを知りましょう。

 

更年期は、一般的に閉経前後の5年間のことをいいます。特に、こういう更年期の時期に健康に病態がおきるのが更年期障害だ。ただ、閉経前の5通年と閉経後の5通年ってで健康に生じる症状には違いがでてきます。ますます、こういう閉経程度に加えて、更年期昔、更年期後にも特有の症状が発症することがあります。

 

閉経昔5年間の更年期障害の症状

邦人の奥さんの閉経の状況は、ほとんど50年代前後とされています。つまり、閉経前の5通年は、きっと45年代ぐらいから50年代ぐらいまでの状況のことを指します。この時期に発症しやすい更年期障害としては、以下のようなものがあります。

 

生理中ぶらりん

 

生理間隔が壊れたり、出血容量の増減などが更年期障害の最初の気配であるとされています。これまでの生理となんらかの変動を感じるようになったら、それは更年期障害の発端であることが多いということですね。自分の更年期障害に広く見抜くためにも、自分の生理のクラスをチェックしておくようにしましょう。

 

火照り・出発汗・寝汗

 

大人気ストロボなどとよばれる身体の火照りや急性出発汗なども閉経前の状況に数多く言える更年期障害の症状だ。人によってその程度に食い違いこそありますが、大人気ストロボは発症してから5年齢以内に治まることが多いようです。閉経前にはじまり、閉経が済む時分には症状は小気味よくなっていくということですね。

 

閉経後半5年間の更年期障害の症状

閉経の状況を50年代とすると、閉経後の5通年は50年代から55年代の間となりますね。この時期は、閉経によって奥さんホルモンですエストロゲンの分泌容量のダウンを通じて、健康に更年期障害の症状が生じるようになります。

 

イライラやうつなど

 

閉経にともない奥さんホルモンの分泌容量が急激に変化することによって、考えが異常になり気味なのがこういう閉経後の5年間の状況だ。当然心クラスが不安定になる理由は、それほど更年期障害の症状であるというわけではありません。

 

ただし、一説によるとこういう閉経後の5年間の状況は他の年齢の状況と比べて、倍から4ダブルほど考えが異常になりやすいようです。また、人によっては、更年期が過ぎても(55年代を過ぎても)、更年期障害なのであるうつ症状が連続してしまうkともあるようです。

 

膣や尿路の中ぶらりん

 

閉経後の5通年には、メンタルに加えて、膣や尿路などの身体の部位にも更年期障害の症状があらわれます。膣においては、乾きやかゆみ。尿路においては、頻尿や尿もれなどです。一見すると更年期障害は関係ないように窺える症状だが、閉経にともなうホルモン配分の崩れに原因があるものです。

 

更年期前に起きる更年期障害の症状

人によっては、閉経前の5通年という更年期より前に更年期障害と同様の症状が伸びることがあります。このような40年代未満で更年期障害の症状が起きる例を若年性更年期障害とよびます。若年性更年期障害は初期閉経といった密接な関連性があるとされています。

 

若年性更年期障害の自慢

 

若年性更年期障害で起こる症状は基本的には更年期障害と違いはありません。ただし、その症状は一般的な更年期障害よりも重くなることが多いようです。また、初期閉経を併発する場合が数多く、その場合は更年期障害の症状が発症する年月が長引くことがあるようです。

 

つまりは、通常の更年期障害よりも症状が重く長くなってしまうのが若年性更年期障害というわけです。

 

若年性更年期障害の原因

 

若年性更年期障害の原因としては、予め子宮がんや子宮時膜症、卵巣がんなどで卵巣を消した場合があります。病魔によるものですね。また、病魔以外にも、最近ではダメージやタバコ、太りすぎや痩せすぎなどの日課が状況となる若年性更年期障害も増えてきているようです。

 

更年期障害後に起きる更年期障害の症状

55年代を過ぎてからも、つまり閉経後半5年齢並みが経過してからも、更年期障害と思われる症状に悩まされる女性がいらっしゃる。健康が老化していくことに並行して症状が退廃していくというものですね。このようなジャンルの更年期障害の症状には以下のようなものがあります。

 

  • 物忘れやおみやげ感情のダウン
  • 骨粗しょう症
  • 心疾病

 

退化と思われるこれらの症状ところが、大きな意味においては、更年期障害のひとつであるといえます。これらの症状は、閉経にともなう奥さんホルモンですエストロゲンの分泌容量の落ち込みを通じて発病レートや発症レートが上がるものです。60年代以上、70年代以上となるにつれて一段と発症しやすく上るということです。

 

結び

このように、ひとえに更年期障害といっても、閉経前の5通年、閉経後の5通年、若年性更年期障害といったよばれる更年期前の症状、退化にともなう更年期後の症状とさまざまなランクがあり、違いがあります。自分の健康におこる変動がどのようなジャンルの更年期障害なのかを理解し、適切な計画をできるようにください。

 

更年期サプリTOPへ