ホルモンとの関係は居残る?

MENU

ホルモンとの関係は居残る?

更年期障害はホルモンといったコネクションあり

更年期障害は体内のホルモン分散と密接に関係しています。端的に言ってしまえば、体内のホルモン分散が退化にて圧倒的改善を迎えることによって更年期障害のさまざまな症状が発症するのです。

 

その意味で、多少なりとも更年期障害の症状の間近を軽減するためには、体内のホルモン分散を賢くコントロールすることは入用と言えるでしょう。更年期に対して、自分の全身ではホルモン分散がどのような改善をしているのかを理解することから始めましょう。

 

更年期におけるホルモン分散の改善

更年期におけるホルモン分散は、結論から先に唱えると、奥様ホルモンの圧倒的失速ということになります。代表的な奥様ホルモンとしては、エストロゲンとプロゲステロンだ。こういう2つのホルモンは卵巣から分泌されています。

 

上述奥様ホルモンはメンスなどをつかさどっているホルモンだ。こういうホルモンが40料金前後の更年期を境に急激に分泌されなくなってしまいます。それに付随してある体調が更年期障害というわけですね。

 

閉経を迎えるにあたっての体調

なぜ更年期ですアラフォーからこういう奥様ホルモンの分泌容量の圧倒的失速が起こるのでしょうか。それは、閉経を迎えるにおいて、健康が装着を通じているからに他なりません。閉経は、つまりは、メンスがなくなることです。

 

青少年末を極点として、奥様ホルモンの分泌容量はやがて減っていきます。こういう失速が急激に加速するのが40年以降の瞬間というわけです。そうして、50年を過ぎ、メンスがなくなるという奥様ホルモンの分泌は押しなべてなくなります。

 

圧倒的ホルモン分散の改善に健康がおいつかない

こういう閉経を迎えるにあたっての圧倒的身体の改善には、人間の心身はなかなか対応できるものではありません。卵胞が収まり、奥様の分泌容量が減ってしまっているにもかかわらず、脳はそのことをまずまず認識できません。

 

なので、健康が奥様ホルモンを分泌できないものの、脳は今まで通りに奥様ホルモンを分泌するように健康に命令をするのです。こういう脳と健康との不具合は自律癇のコントロールを乱す成約となります。それが更年期障害として発症するわけですね。

 

更年期障害は自律癇狂乱症

つまり、更年期障害は、自律癇狂乱症のひとつという事ができます。健康が閉経を迎えるにあたって奥様ホルモンを分泌しなくなる。但し、脳は今まで通り奥様ホルモンホルモンを分泌しようと講じる。

 

こういう健康という脳の不等にて、健康や心情にさまざまな影響がうまれることになります。更年期障害の症状です、動悸、のぼせ、発進汗、頭痛、肩こりなどは自律癇狂乱症の代表的な症状でもあります。全ての原因はホルモン分散の不幸にあるのです。

 

現代の奥様を取り巻く素地が更年期障害に悪影響

現代の国内人前はおとな奥様にとりまして、少々生きづらい人前であるとされています。人前伸長にともなうプレッシャー、所帯や養育のプレッシャー、両親の介護など、これらは奥様の苦悩として重くのしかかります。

 

これらのプレッシャーが奥様の心身に蓄積されることによって、その奥様の更年期障害は悪化の一途をたどっています。そういったプレッシャーを日常的に数多く抱え込んでいる奥様ほど更年期障害の症状がつらいという傾向があるようです。

 

ではプレッシャーを多少なりとも軽減することから

閉経は誰にでも出るものであり避けられないことです。それにともなうホルモン分散の乱調もある程度は腹積もりしなくてはならないことです。

 

但し、上記のような日常的に覚えるプレッシャーは自分の周囲の親子や仲間の連合にてようやく燃やすことが出来るものであると思います。こういうプレッシャーをどうにかして軽減し、自律癇狂乱症の症状を短縮させることこそが、更年期障害を多少なりとも便利に乗り切るためのカギと言えると思います。

 

更年期サプリTOPへ