漢方薬でケア

MENU

漢方薬でケア

手強い更年期障害には見立てが必要

更年期障害は、55歳を過ぎた当たりから自然と症状はおさまっていきます。そのため、踏ん張れるほどの軽々しい症状だとすれば、無理に治療をする必要はありません。ランチタイムや快眠などの暮らしを見直すだけでも十分な効果があるものです。

 

ただし、人によっては更年期障害の症状がひどくなり日常生活に支障がでるほどになってしまうこともあります。そのような場合は、放っておいても症状は悪化するばっかりなので、なんらかの専門的な見立てをほどこす必要があります。

 

それではママ科でのホルモンカバー療法

更年期障害の代表的な見立てとしてはママ科を受診するといった受けれられるホルモンカバー療法だ。更年期障害の原因である女子ホルモンの分泌数量の低下にダイレクトに作用するグッズなので、大きな影響を期待することができます。

 

保険を適用することもできるので、月々の医薬グッズの気掛かり値段もそこまで暮らしを圧迫するものではありません。なので、多くの更年期を迎えて要る女性はこういうホルモンカバー療法を行っています。

 

ホルモンカバー療法が出来ない女子

ただし、こういうホルモンカバー療法は全ての更年期障害に悩む女性に万能な手当てというわけではありません。医薬グッズを用いての手当てとなるので、リアクションの不安が終始あるのです。ホルモンカバー療法のリアクションとしては次のようなものがあります。

 

  • 不法出血
  • 土手っ腹の疼痛
  • 子宮がんの不安が改善
  • 吐き気や食欲不振

 

人によってはこれらのリアクションがホルモンカバー療法にて発症してしまうことがあります。こうしたリアクションに悩まされるようでは、誠にではないですがホルモンカバー療法は選択できないですよね。

 

いくら更年期障害の酷い症状が緩和したとしても別の症状に悩まされてしまうから。

 

ホルモンカバー療法の代わり見立てとしての漢方薬

こうしたホルモンカバー療法を選択できないヒューマンに選ばれているのが漢方薬による更年期障害の見立てだ。欧米医学です面のホルモンカバー療法に関して、東洋医学です漢方薬見立てとなるわけですね。

 

中国では古来から更年期障害の見立てに漢方薬が使用されている。医薬品ではなくナチュラル由来の野放しマテリアルによる見立てなので、ホルモンカバー療法というリアクションはあまりありません。

 

最近ではクリニックなどでも漢方が処方されるようになってきています。

 

漢方は専門医に選んで買う

更年期障害に効く漢方としては以下のようなものが知られています。

 

  • 加味逍遙散
  • 温経湯
  • 五積散
  • 桂枝茯苓丸
  • 温清飲

 

ただ、漢方薬が効くかどうかは個人差が大きくあります。なので、素人目で漢方薬を選ぶのはからきしおすすめできません。一概にクリニックや漢方薬の専門医がいるところを訪れ、自分にぴったりの漢方薬のセッティングを処方してもらうようにしましょう。

 

漢方薬見立てのお金

ここで気になるのは、漢方薬にて更年期障害を治療するとなるとどれくらいの費用が繋がるかということです。漢方薬というと医薬グッズとは違うのだから、多々多額の費用がかかってしまうのではないか。そのように思っている方もいる。

 

但し、じつは、他の医薬グッズと同じで診断用の漢方薬はボディー保険が適用されるものです。なので、漢方薬を処方してくれるお医者さんのもとを受診し、処方せんを出して味わうことによって、3割気掛かりのみで漢方薬を入手することが出来るのです。

 

ネットで正に漢方薬を通じて更年期障害を治療して要るヒューマンの評定などをチェックしてみると、月収3,000円ほどの気掛かりになるみたいです。こういう経費はホルモンカバー療法で使用する医薬グッズという同程度だ。

 

なので、漢方薬によるという臨時費用がかさんで仕舞うなんてことはないので安心して漢方薬としてみて下さいね。

 

更年期サプリTOPへ